社会保険労務士の需要

社会保険労務士の需要の現状 > メニュー > 社会保険労務士として、裁判外紛争解決手続制度の需要をどう考えるか

社会保険労務士として、裁判外紛争解決手続制度の需要をどう考えるか

特定社会保険労務士というものがあります。
裁判外紛争解決手続制度の代理業務に
従事することができる社会保険労務士になります。

 

この資格を使うには、司法研修を終了し
紛争解決手続き代理業務試験に合格する必要があります。

 

企業による不当解雇や賃金未払い、ハラスメント行為などのトラブルに対し裁判を使わずに
解決することを目的として定められている資格なため、
企業サイドからではなく労働者サイドからの仕事になってくるのが特徴です。

 

新たな需要の創造として期待されている制度ではありますが、
あくまでも業務拡張に伴う資格になっているのです。

 

ですが、この資格の性格上、企業側のコンサルタントの性格から逸脱する部分が多く、
労働者側に立ってしまうために敬遠する企業も存在します。

 

労使間のトラブルということもあり、未然に防ぐために活動する資格なのですが、
まだまだ浸透していない部分も多くあることを忘れてはいけないのです。

 

ただし、勤務社会保険労務士の場合、
リスクマネジメントの一つとして資格取得を進める企業も存在します。

 

独立開業の道として考えた場合、需要の拡大も見込めますが、足
を引っ張ることになることもあるため、
自分の営業方向を考慮し資格取得を考えなければいけないものでもあるのです。

メニュー

最新記事

Copyright  社会保険労務士の需要の現状  All Rights Reserved