社会保険労務士の需要

社会保険労務士の需要の現状 > メニュー > 開業の段階から社会保険労務士につながる需要増加を

開業の段階から社会保険労務士につながる需要増加を

要約:企業の顧問的立場になる社会保険労務士である以上、
立ち上げの段階から参画できる行政書士や司法書士の資格と合わせることによって、
その後の需要増加を考えていく方法も考慮に入れなければいけない。

 

新規顧客の獲得ということは、
士業にとってとても重要なことであり、生命線ともいえるものになります。

 

ですが、社会保険労務士にとって、
新規顧客というものは喉から手が出るほど欲しくても、
なかなか契約に至らないジレンマが存在します。

 

それだけの需要がないのではなく、
信頼できるところにしか発注しない性格の問題なため、継続して依頼する傾向が強いのです。
そこで、会社立ち上げの段階から顧問としていられるだけの存在価値をつけ、
営業展開していく方法があるわけです。
そのためには、行政書士や司法書士の資格が必要になってきます。

 

元々社会保険労務士は、行政書士からわかれた資格であり、
とても相性がいい資格でもあります。
様々な書類作成を引き受ける行政書士は、
会社の定款作成などに関与することが多く、
その後社会保険労務士の資格があれば、
継続的取引が期待できるわけです。

 

司法書士の場合、法人登記に関する仕事を受けることになりますので、
行政書士同様継続的な取引が考えられるのです。

 

こういった業務拡大は、これからの士業には必須のことともいえます。

 

競争の市場なのですから、ライバルよりも少しでも有利な条件を持っていなければ、
競う相手ともならないからです。

メニュー

最新記事

Copyright  社会保険労務士の需要の現状  All Rights Reserved