社会保険労務士の需要

社会保険労務士の需要の現状 > メニュー > ダブルライセンスによる社会保険労務士の需要拡大

ダブルライセンスによる社会保険労務士の需要拡大

要約:社会保険労務士は、企業の労務や社会保障の制度にかかわる問題の顧問的立場によって仕事をしていくことになる。
そこで、企業コンサルタントとして
唯一の国家資格である中小企業診断士と合わせ需要を拡大する方法がある。

 

仕事がないということは簡単です。
ですが、それでは食べていくことができないのは、子供にだってわかる理屈です。

 

社会保険労務士は、会社の労務や社会保障制度にかかわる問題の顧問的立場になるものです。

 

会社側から考えた時に、もっと大きな問題として相談できたら、
もっと仕事を出すことができるのにと考えます。

 

ワンストップサービスといいますが、一か所に依頼することで様々な問題を解決することができるのであれば、
時間も節約できますし、手間も大きく減るのです。
こういったサービスを供給できるのであれば、その分だけ需要は拡大します。

 

顧問的な部分から考えた時に、中小企業診断士の資格とラップする部分が出てきます。
中小企業診断士は、会社の顧問として手腕をふるう資格です。
国家資格の中で、唯一の企業コンサルタント資格です。
その資格と合わせ、ダブルライセンスとしていくことができれば、需要は大幅にお拡大します。
スペシャリストでいることはとても重要です。

 

ですが、それが独りよがりとなり足を引っ張ってしまうこともあります。
できるだけ広い視野で、社会保険労務士にどんなことがあればいいのか、
企業はどんな期待があるのかということを把握し、
行動することも重要なのです。

メニュー

最新記事

Copyright  社会保険労務士の需要の現状  All Rights Reserved