社会保険労務士の需要

社会保険労務士の需要の現状 > メニュー > 社会保険労務士として、仕事の需要を企業内と考える

社会保険労務士として、仕事の需要を企業内と考える

要約:社会保険労務士として企業に勤務しながら活躍することもできる。
ただし、報酬を給料として得ることにもなる。リストラ対策としか考えない人間もいるため、
モチベーションの管理も勤務社会保険労務士としては重要なこととなる。

 

社会保険労務士としての年収ということを考えた時、
純粋に仕事をするということで勤務社会保険労務士という方法も外せません。

 

独立開業とは違い、安定した収入を得ることもできますし、
その会社の中で発生した案件を常に解決していかなければならないために、
かなりの案件数をこなすことができます。
そのため、多くの経験を積むことになり、
独立開業とは違った歩み方ができるのです。

 

ただし、頻繁に雇用が出る部署でもありません。

 

チャンスがあれば、チャレンジしてみる価値は出てくるのですが、
勤務社会保険労務士には所属している会社の案件のみという制限がかかります。

 

その中であれば活躍できるわけですから、仕事を創造するということからは外れます。

 

そして、給料の中で働いていくわけですから、
独立開業に比べ案件ごとに高い報酬を得ることもできません。

 

リストラ対策として、資格を取得するという人もいます。

 

そういった人の中で働くということは、モチベーションの管理が大変でもあるのです。
ですが、有り余るほどの経験を積むことができるようになるため、
独立開業する際にも大きな力になります。

 

そこで培った経験から、新たな仕事を創造することもできる可能性もあるのです。

 

士業にとってコネクションは、かけがえのない重要な財産になります。

 

報酬の代わりに多くのものを得ると決めて、
モチベーションを高めていくことも重要なのです。

メニュー

最新記事

Copyright  社会保険労務士の需要の現状  All Rights Reserved