社会保険労務士の需要

社会保険労務士の需要の現状 > メニュー > 社会保険労務士の需要がなくなっているのではなく、自分が遠ざかっている

社会保険労務士の需要がなくなっているのではなく、自分が遠ざかっている

要約:士業は食べられないといわれる時代ではあるが、仕事の需要がなくなっているわけではない。信頼関係がないため依頼してこないだけなのであり、地域性の高い士業として営業していく努力をしていないだけなのである。

 

近年、士業はたべられない、仕事がない、生きていけないなどと陰口をたたかれることがあります。
一昔前の士業は、独立して事務所を建てれば、
仕事が舞い込んできた時期があります。
先生と呼ばれ、一歩高い位置から見ていた時期もあったのですが、
今そのようなことをすれば仕事はなくなります。
パイが狭まったなどという人もいますが、それも違います。
社会保険労務士の需要がなくなったかのような表現をする人がいますが、
自分が置かれている状況の判断ができていないからといえるのです。

 

仕事というものは、常に想像する努力を欠かせません。

 

営業を重ね、信頼関係を築き、何かあった時には
思い出してもらえるようなことを繰り返していかなければ、
誰も仕事など依頼しません。

 

黙って待っていたとして、会社の労務などに関する情報をあかし、
仕事を依頼する人がいるでしょうか。

 

つまり、パイが狭まったのではなく、パイに対し自分の位置が遠ざかっているだけのことであり、
仕事をつかむための手を伸ばしていないのです。
営業をしないでもWebマーケティングで仕事をつかめるなどという人もいますが、
地域性の高い士業は、
日々の営業努力なくして経営を成り立たせるのは、至難の業なのです。

メニュー

最新記事

Copyright  社会保険労務士の需要の現状  All Rights Reserved